読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろっこりぃのそよ風日記

音楽大好きな主婦が、日々の色んな事をゆる~く更新しています。

尾崎世界観さんの本「祐介」

読書

まだ「羊と鋼の森」を読んでいる途中なのに、読み終えてしまいました。

 

クリープハイプ尾崎世界観さん著「祐介」

f:id:broccoli47:20160923223920j:plain

 

祐介

祐介

 

 

昨日のお昼頃家に届いて、夢中で読んでしまいました。

 

ですが内容はというと・・・読んでいて楽しいものではなかったです。

 

尾崎世界観さんの半自叙伝の小説、ということらしいのですが、今まさに尾崎さんに興味があるから全部読めたんだと思います。

 

尾崎さんの本名が「祐介」で、世界観と名乗る前は本名で活動していたみたいですね。

 

本の感想。

 

うーん、それが人間、なのでしょうけれど・・・生々しい感じとかちょっと読んでて気持ち悪くなりそうだったり、

 

悪夢の所とか、読むのをやめようか・・って思ってしまったり。

 

クリープハイプって、最初は3人で活動を始めたけれど、2人が脱退して尾崎さんひとりのバンドだった期間があるんです。

 

そこから3人の仲間と出会って、メジャーデビューして今に至るという、経験をしたバンドなのですね。

 

そこの辛い経験とかも小説の中にあって、「そんな感じだったのかな」って内容もありました。

 

クリープハイプの音楽はまだほとんど知らない状態で読んだのですが、歌詞の世界もきっとこんな感じなのかな?って思いました。

 

夢か現実かわからない感じ?

 

ロックに限らず、音楽関係全般、それだけでご飯を食べていく事って本当に難しいんだろうなぁ。

 

って改めて考えさせられた本でした。

 

ひゅーいさんも音楽活動は中学生時代から始まって、メジャーデビューする前はバンドで活動をしていたみたいだから、同じような経験があったりするのかな。

 

ずっと、マッキーやその他有名な人のコンサートに行ったりする経験しかなかったから、それだけじゃ知らなかった、色々な事を知れた気がします。

 

例えば「対バン」ライブの意味とかネ(^.^)

 

この本は、クリープハイプの音楽をもっと聴くようになった後に、もう一回読んでみようかなって思っています。

 

 

さぁ、この調子で「羊と鋼の森」読み進めたいですよっ٩( 'ω' )و