読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろっこりぃのそよ風日記

音楽大好きな主婦が、日々の色んな事をゆる~く更新しています。

billboard classics festival 2017 in TOKYO

ライブ・コンサート 槇原敬之さん 石崎ひゅーいさん

コンサートの感想っていつも長文になってしまいます。

今回もやっぱり長文になっちゃいました(#^.^#)

時間が余裕のある時に、よかったら読んでみてください。

 

そして・・

Twitter等でこのコンサートの感想を検索してみたら、すごくしっかりした感想をたくさん読む事が出来ました。

私の感想が薄っぺらく感じてしまうほど・・・。

ですが、私が感じた事、思った事を、私なりにまとめてみました。

そんな感じの記事ですが、よろしくお願いします。

 

 

 

 

色んなアーティストの楽曲が聴けてとても楽しかったです!

 

billboard classics festival 2017 in TOKYO
- Bright Lights, Spring-

 

マッキーがゲスト出演する2月18日(土)の日程の方へ行ってきました♪

 

オーケストラのコンサートは、マッキーのcELEBRATIONコンサート2004・2005と2015で楽しんだ経験がありますが、マッキーのcELEBRATIONコンサートって、フルオーケストラ+いつものバンド+歌なので、バンドの居ないフルオーケストラ+歌のコンサートは初めて♪

 

私が想像していたこのコンサートは、メインの玉置浩二さん、小野リサさん、福原美穂さん、Aimerさん、藤井フミヤさんと、ゲストの槇原敬之さん、村治佳織さん、石崎ひゅーいさん、尾崎裕哉さんが、同じステージ上で話したり、一緒に歌ったりして、賑やかに進行していくものだと思っていたのですが・・

 

実際は出演者がひとりずつ登場して、1~4曲歌って退場していくというものでした。

 

MCがひと言も無いアーティストがほとんどで、本当にクラシックなコンサートだったなぁと思います。

 

私が座っていた席は、1階19列の真ん中よりもステージに向かって少し左側。

 

一応、前の方ではあるけれど、会場が広いからステージはやっぱり遠かった。贅沢か。

 

ステージの左右に大きなモニターがあったのですが、中途半端に前の方だったので、そのモニターはちょっと見にくかったです。

 

でも時々見てましたよ^^

 

今回は娘と一緒でした。

 

夫は大阪だし、娘を誰にも預ける事が出来ないし・・オーケストラのコンサート、娘にも良い経験になるかな?と思って一緒に国際フォーラムへ。

 

ただ、興味あるのがひゅーいさんとマッキーだけなので、途中からぐずらないか・・・それだけが心配でした。

 

10歳でもうある程度は暇でも座って居られる年齢になってきたし、大丈夫かな!

 

と思ってました。

 

最後の方、少しぐずぐず言いはじめましたが、娘は頑張りました。

 

わがままな母に付きあってくれて、娘よありがとうなのです^^

 

 

16時開演、予定通り16時頃、不思議な音のチャイムが鳴り、コンサートが始まりました。

 

指揮は大友直人さん、管弦楽東京フィルハーモニー交響楽団

 

オーケストラの皆さんが登場して、コンサートマスターが登場し、チューニングの「ラー♪」の所からもう鳥肌でした。

 

東京国際フォーラムはマッキーのコンサートで何回か入った事はありましたが、オーケストラの音、すごく綺麗に聴こえました。

 

小野リサさんや村治佳織さんが弾くギターの音も、すごく綺麗に聴こえました。

 

当日のセットリスト。

 

ピンボケで字が小さいので、興味がある方は写真を拡大してみてね☆

f:id:broccoli47:20170219230650j:plain

指揮の大友さんが登場し、まずは管弦楽

1.歓喜の歌

 おぉ~いよいよ始まるのね!ワクワク~♪

 

そして1番に出てきたのは玉置浩二さん。

2.田園(プロローグ付き)

3.MR.LONELY~メロディー(メドレー)

4.清く正しく美しく(横浜少年少女合唱団のコーラスも)

聴いた事あるようなクラシック音楽を混ぜたようなアレンジのプロローグ付き「田園」は、なんか新鮮でした。

意外にも娘は玉置さんの歌が気に入ったみたいで、コンサートが終わった後、田園をずっと歌ってました^^玉置さんよかった!と娘(^^♪

まさか私の大好きな「MR.LONELY」が聴けるなんて!と感動していたら、メドレー形式で「メロディー」へ。私の好きな歌ばっかりで嬉しい~!

そして「清く正しく美しく」は知らない歌でしたが、すごく素敵な歌詞の内容でした。中学生くらいかなぁ~?の横浜少年少女合唱団のコーラス隊の歌声も素敵でした。調べたらこの歌は安全地帯の歌みたいですね。音源をちゃんと聴いてみたいと思います♪

 

2番目は小野リサさん。

5.Canta, Canta Mais

6.SAMBA DE VERAO(夏のサンバ)

7.いのちの歌

8.イパネマの娘

小野リサさんの歌はほとんどというか全く聴いた事がなくて、初めてだったのですが、なんだかすごく心地いい感じで少し眠たくなりました(汗)

ボサノヴァ?というジャンルなのでしょうか?編み物してるときとか、何か作業をしているとき、カフェでくつろいでいる時に聴いたら、すごく気持ちいいだろうなぁ^^

イパネマの娘は、題名は聞いた事があるので知っていましたが、聴きながら・・これがイパネマの娘かなぁ?と思いながら聴いていたら、正解でした^^

衣装が素敵でした(^.^)♡

 

3番目は石崎ひゅーいさん♪

9.花瓶の花

10.傷心

次は誰かなぁって娘と話してたら、ひゅーいさん登場!娘と顔を見合わせて喜びました。

クラシックコンサートだから、ひゅーいさんもビシッとかっこいい衣装を着て登場だろうなと思っていたら、いつものスタイルでちょっとビックリしましたが、それもひゅーいさんらしいなと思いました^^

立ち姿からも緊張しているのが伝わって来ましたが、歌声&パフォーマンスはいつものパワフルひゅーいさん。いつもながらその姿を見るだけでも、とても心を揺さぶられます。

オーケストラバージョン「花瓶の花」は、思ってた通りやっぱり素敵!そして「傷心」は、ライト等の演出もすごくドラマチックでかっこよかったです。 トオミさんのアレンジを生かしたオーケストラバージョン「傷心」って感じで、治武さんのドラムの音もオーケストラで表現されてて面白いと思いました。ひゅーいさんの歌も絶品!すごくよかったなぁ~^^

満席のコンサートホール。ひゅーいさんの歌を初めて聴く人も多かったと思います。

ひゅーいさんの歌の魅力をたくさんの人に知って貰う、いいきっかけになったかな♪

オーケストラをバックに、大きなステージで歌うひゅーいさんを見られて嬉しかったです。これからも、色んな事に頑張るひゅーいさんを私なりに応援していきたいです。

 

4番目は福原美穂さん。

11.ライジング・ハート

12.Oh Happy Day

13.Thank you

ソウルバード・クワイアという、ゴスペルのコーラスの人たちが次々と入場してきて、ステージがとても華やかになりました。そして福原美穂さんの登場。

福原美穂さんは、すいません、まったく知らなかったですし、歌も聴いた事が無かったのですが、「Oh Happy Day」は有名なゴスペルの歌で私も好きですし、娘も学校で聴いたことのある曲で好きみたいだったので、嬉しかったです。

オーケストラとの共演はとても慣れているように見えました。

この日初めてのMCもこの方で、なんだかホッとしました^^

印象的だったのは、ソウルバード・クワイアの皆さんの迫力あるコーラスが素晴らしくて!すごく楽しそうで、私もあの中に入って歌いたい!って思いました。

歌うの好きなので(#^.^#)

 もし、近くにコーラスのスクールとかあったら、行ってみたいなぁって思いました。

 

 

福原美穂さんのあとは20分休憩。

娘とトイレに行ったら、どこもすごい行列で、すごい時間がかかって・・

あともう少しで第2部が始まると言われたのであわてて走って席に戻りました。

 

 

オーケストラの皆さんがステージに戻ってきて、コンサートマスターが再びチューニングの「ラー♪」。

 

第2部は誰からかなぁ~って思ってたら、指揮の大友さんと一緒にマッキーがにこやかに登場です(^^♪

その場面だけ見てたら、マッキーのcELEBRATIONコンサートみたいでした^^

さすがマッキー!慣れてるなぁ^^

ニコニコ笑顔で少し手を振ってくれて、私も控えめに手を振りながら、なんだかすごく嬉しくって・・マッキー!って叫びそうになっちゃった♪

 

 

ということで、5番目は槇原敬之さん♪

14.Answer

登場はにこやかだったけど、マイクに向かうとスッと緊張した顔つきになって・・かっこいいマッキーです。

Answerは、cELEBRATION2015でもオーケストラバージョンで聴きましたが、その時のトオミさんのアレンジを生かしたような感じでした。

素敵だったなぁ~!

久しぶりの生のマッキーと大好きなAnswerで、嬉しさと感動で涙が出てきちゃって、うるうる。マッキーがちゃんと見えませんでした。

マッキーはいつも通り深々とお辞儀をしてAnswerを歌い終わり、次は何が聴けるかな?ってワクワクしてたら・・・

マッキーはニコニコしながら退場して行ってしまいました。

えぇ!?

ビックリしてたら、まわりの人たちもビックリしたみたいで、会場がざわついてました。

マッキー、1曲だけでした・・・(இдஇ; )

よく考えたら、もうすぐマッキーのコンサートツアーが始まるし、忙しい時期でのゲスト出演だったのかな。

続きはBelieverツアーでってことかな・・。

でもでも、、もう1曲聴きたかったです、ほんとに(இдஇ; )

マッキーは密かに小野リサさんと写真を録ってました^^

www.instagram.com

 マッキー、小野リサさんを尊敬しているんだぁ、知らなかったな

マッキーもリサさんもいい笑顔♡

 

気を取り直して・・6番目の登場はAimerさん。

15.RE:I AM

16.悲しみはオーロラに

17.六等星の夜

Aimer(エメ)さんといえば、歌声!ですよね。

15歳の頃に歌いすぎで声帯を痛め、半年間の沈黙療法のあと再び歌い始めたけれど声帯はまだ治っていなくて・・声帯が完治してしまうと今の歌声は消えてしまうと言う事で、声帯を治さずに歌い続けるという・・奇跡の歌声の持ち主。

私はGoogle Play MuscでAimerさんの歌と出会ったのですが、ほんとに声は魅力的です。あと言葉の発音も個性的で、なんというか・・とても好きです。

印象的だったのは、Aimerさんはスポットライトを一切浴びない事。

登場も退場も暗い中で、歌っている時も明るいスポットライトは無く、少し明るい程度。ステージの両側のモニターにも映るのですが、全身の時は普通なのですが、アップの時はぼやけた映像でした。

声を守る為の事なのかなぁ・・?と思いましたが、スポットライトが無い分、なんだか少し「見る」よりも「聴く」事に集中出来るような気がして、これもちょっといいかもって思いました。

生のAimerさんの歌声は、音源よりもとても・・「上手い!」と思いました。

オーケストラの演奏ともすごく合っていて、とても素敵な歌声でした。

「六等星の夜」すごく素敵な歌でした。Aimerさん、これからも注目です!

公式の動画を見つけたので、貼り付けておきますね♪

ご興味が湧いた方、ぜひ聴いてみて!

Aimer 『六等星の夜』 - YouTube

 

 7番目の登場は村治佳織さん。

18.島の記憶

19.バガモヨ

お名前は、色んな所で拝見するのですが、村治さんのギターをちゃんと聴くのはまったくの初めてでした。

娘が、この人は歌を歌わないの?って^^

私もよく知らなかったので、ウィキペディアを見てみました。’クラシックギタリスト’なんですね。

オーケストラとギターの共演、こんなのもあるんだなぁ~と思いました。ギターの音色がとても綺麗だったような気がします。

印象的だったのは、衣装がとても可愛かったこと。

スカートがふわふわしていて、娘もあのスカート可愛かったねって言ってました^^

親子で同じとこ見てたんだなぁ☆

 

8番目の登場は尾崎裕哉さん。

20.I LOVE YOU

21.始まりの街

尾崎豊さんの息子さんってことで、色んな意味でずっと前から注目を浴びていた人なんだろうなって、勝手に想像しているのですが、そのおかげなのか満席の国際フォーラムのステージ上の裕哉さんは、とても落ち着いて見えました。

この日のコンサートで多分、自分の名前を名乗ったのは裕哉さんだけだったんじゃないかな。「I LOVE YOU」はお父さんの曲、「始まりの街」は自分の曲ですって話して歌っていました。

テレビで歌声は何度か聴いていましたが、やっぱりお父さんの歌声とよく似てますよね。生の歌声は、声量もあってテレビで聴くよりも素敵でした。

立ち姿もスラッとしててかっこよかったな^^

これからも裕哉さんの色んな歌を聴きたいな、と思いました。

 

最後の登場は、藤井フミヤさん。

22.TRUE LOVE

23.Another Orion

24.トワイライト

25.夜明けのブレス

私、チェッカーズ好きだったんです。

多分、小学生~中学生頃かなぁ。

チェッカーズが解散する頃にはもう、光GENJIにハマり(なつかしい(#^.^#))そのあとマッキーのファンになったので、私の中では藤井フミヤさんは、チェッカーズのフミヤってイメージがまだ濃いです。

チェッカーズのコンサートに行きたい!って思っても、まだ子どもだったので行けずに、こんなタイミングでフミヤさんの生歌を聴けることになるなんて、思ってもみなかったです。

「夜明けのブレス」大好きな歌だったので、すごく嬉しかったー!

そして、貫禄あるパフォーマンス、さすがでした。

少しだけマイク無しで歌っていたのですが、バッチリ聞こえるしっかりとした声量。

やっぱり少し声に年齢を感じるところはありますが、テレビで見てたチェッカーズのフミヤそのもの、何十年と経っているけどぜんぜん変わらないフミヤさんのパフォーマンスでした。

かっこよかったなぁ~!そして懐かしかった^^

こんな風に昔好きだったアーティストの歌を聴けるなんて・・嬉しいなぁと思いました。

そしてよく考えてみたら、私って小学生の頃から歌を聴くのが好きだったんだな。

 

フミヤさんが最後の登場だったので、最後に今まで登場したアーティストがみんな出てきてワーっと盛り上がって終わりかな?

って思っていたら、フミヤさんがひとりで3回くらいステージに登場しては退場して・・

あれ?またフミヤさんが出てきた、なんで?(笑)

みたいな感じで娘と笑って。

結局、出演者全員ステージに出てくることはなく、オーケストラの人たちも退場して行って、コンサートは終演になりました。

 

マッキーとひゅーいさんが一緒にステージに立ってるとこ、見たかったんだけどなぁ。

 

クラシックコンサートってそういうものなのかな?とはてなが頭に飛びながら・・まぁ楽しかったしいいか☆って納得しました。

 

オーケストラの指揮の大友さん。

印象に残った事があって、大友さんはオーケストラの指揮だけじゃなくって、出演しているアーティストの事もちゃんと見て指揮をしているんだなぁって感じました。

オーケストラの音を聴きながら指揮をし、アーティストの背中も見ていたから・・指揮者ってすごいなぁって感じました。

 

いちばん心配だった、娘がぐずらないかって事。

マッキーが歌い終わって、Aimarさんあたりから、ぐずぐずしだしたのですが、なんとかフミヤさんまで頑張り、フミヤさんがステージに出たり退場したりしているのを見て笑ったら気分が晴れたみたい。

コンサート後は玉置さんの「田園」をずっと歌ってごきげん、ニコニコ顔で帰る事が出来ました。

10歳の心をわしづかみにしちゃう玉置さん、やっぱり天才だわ(*^^)b

 

この日の東京国際フォーラム、出演者のパネルがたくさんありました。

f:id:broccoli47:20170220235714j:plain

ひゅーいさんどアップ♪

f:id:broccoli47:20170220235726j:plain

そしてマッキーのどアップ^^

f:id:broccoli47:20170220235736j:plain

このパネルと同じデザインの冊子も、ホール入口のところで頂きました。

 

ひゅーいさんの公式Twitterで、グッズを売っていると言う事を知ったので、ホールに入ってすぐに見に行ってみました。

 

そしたら、「アタラズモトオカラズ」ツアーで売ってたグッズが売ってました。

欲しかったけど結局買えなかった水筒もあった♪

f:id:broccoli47:20170220235819j:plain

f:id:broccoli47:20170221000946j:plain

「す」の下の人型のようなものは、空を飛んでるひゅーいさんなんですよぉ^^

ちょっとおちゃめ☆

 

娘がこの水筒を使いたい!と言うので、買って今日から学校に持って行ってます。

 

娘は学校でひゅーいさんの事話してるみたい^^

だけど、一般的に小学生はひゅーいさんの事はきっと知らないよねぇ、話しても「ふーん」という反応らしいです。

娘がひゅーいさんの歌を大好きな事がとても嬉しいし、こんな風にひゅーいさんの事をお友達に話してくる娘がとってもかわいいです♪

 

クリープハイプの歌も好きみたいだし、娘はポップよりもロック派になりそうな予感^^

 

これからも娘と一緒に、ひゅーいさんの歌を聴いて、応援もしていくことになりそうです。

 

娘と一緒にクラシックコンサート、良い思い出になりました。

 

色んなアーティストの歌が聴けて楽しかったし!

 

良い経験になりました。

 

大阪でも、こんなコンサートに参加出来る機会がありますように☆

 

自己満足の長文、読んで頂いてありがとうございました(^O^)☆