読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろっこりぃのそよ風日記

音楽大好きな主婦が、日々の色んな事をゆる~く更新しています。

彼らが本気で編む時は、

映画

先日、観に行きます!と書いた映画「彼らが本気で編む時は、」を観てきました。

kareamu.com

 

この映画・・・すごくいい映画だと思いました。

 

君の名は。」もすごく面白くていい映画だと思いましたが、こんな映画こそたくさんの人に観てもらいたい。

 

そう思いました。

 

リンコさん(生田斗真さん)とマキオ(桐谷健太さん)が引き取る、トモという小学生の女の子が私の娘と同じくらいの年齢と言う事で、色んな事を感じながら観ました。

 

リンコさんやマキオ、そして、リンコさんのご両親、リンコさんの職場の仲間。

 

あと、老人ホームに入居しているおじいさんとか、児童相談所の人。

 

みんな愛があるなぁと思いました。

 

でもそんな人ばっかりじゃ無く、リンコさんを外見で「普通じゃない」って変な人扱いする、理解の無い人も居る訳で・・

 

やっぱり、悔しくて悲しいシーンはあります。

 

でもそればっかりじゃなく、クスッと面白い所もあったり、最後は優しい気持ちになれたり。

 

とても編み物がしたくなりました^^

 

そしてビールが飲みたくなった(^^♪

 

リンコさんとマキオが飲んでた瓶のビールが飲みたいぞ☆

 

トランスジェンダーの役を演じた生田斗真さん。

 

ジャニーズ事務所のアイドルと言うよりも、すっかり素敵な俳優さんですよね。

 

映画の中では「リンコさん」にしか見えませんでした。

 

とても印象的だったのが、桐谷健太さん演じる「マキオ」という人。

 

映画の最初の方は、晩ご飯食べた後ソファーで寝ちゃってる、みたいな「日曜日のパパ」みたいな存在なのですよ。

 

とてもゆったりした話し方で、とても優しい、心の広い素敵な人なんです。

 

こういう人と出会えてリンコさんはとても幸せだなぁと思いました。

 

この映画のキャラクターでいちばん好きかも^^

 

 

泣いちゃうシーンがいっぱいあるんですよ。

 

だからハンカチは大きめを用意しましょう^^

 

糸電話を使って話をするシーンが、いいなって思いました。

 

私も娘と糸電話で話をしてみようかな。

 

 

観に行ってよかったです。

 

悔しい事があっても、編み物をして心を落ち着ける所とか・・真似してみようって。

 

荻上直子監督の作品、やっぱり好きだって思いました。

 

そういえば、「めがね」でも編み物をしているシーン、あったなぁ。

 

編み物、好きなのかな^^