読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろっこりぃのそよ風日記

音楽大好きな主婦が、日々の色んな事をゆる~く更新しています。

チョコレートドーナツ(原題any day now)

映画

マッキーのラジオ番組「Who cares?」の第8回放送、テーマはセンチメンタルの回でマッキーが、

涙無くしては見られないよとおすすめのしていた映画、

「チョコレートドーナツ」

DVDを借りて観ました。

いつものレンタル屋さんでは準新作だったので、準新作でも安く借りれる日を狙って借りましたよ(*^^)v

確かにね、大きめのハンカチ…必要でした。

この映画、原題は「any day now」というのですが、この言葉に全部想いが詰まってるんじゃないかなぁ。

でも日本では「チョコレートドーナツ」の方が映画の題名としては親しみやすいのでしょうね。

映画の公式サイトはこちら→http://bitters.co.jp/choco/ 

この映画、前に書いた記事に、マッキーが感動して泣いたとか書いてしまったのですが…

感動とかじゃなくて…

なんかすごく感じるものがありました。

映画を観た後、色々考えちゃいました。

この映画、平たくあらすじを書くと、ゲイカップル(ルディとポール)が、母親が薬物依存で育児放棄したダウン症の男の子と家族になるために、奮闘するお話です。

「普通」ってなんなんでしょうね。

性別とか立場とか…関係なく人を人として、弱い立場の子どもを守りたいだけの主人公たちなのになぁ。

とにかく、気になった方は映画をみてみて下さいね(^_-)-☆

色々感じる事の出来る、いい映画だと思います。

ダウン症を演じる男の子がチョコレートドーナツを食べた時や3人で暮らしてる時に見せた嬉しそうな笑顔がすごく自然な幸せそうな笑顔が印象的でした。

マッキーがラジオで感想を送ってって言ってたから、ラジオに感想を送ろうと思ってます(*^^)v